ECWeb

仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人

あなたの年収はいくらですか?
日本の平均年収の400万円程度ですか、
そんなに辛い仕事をして、そんな金額で満足ですか?
今の現状から脱却したいなら、
最後にこちらの秘密のページを読んでみてください。
質問などは秘密の掲示板から質問してみてください。

この記事は約24分で読めます。

仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人

仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人

仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人

仕事 要領 悪い

 

人間は、十人十色です。

要領の良し悪しで言っても、
職場の中にも、仕事のできる人とできない人がいます。

 

実際には、仕事が出来る人も出来ない人も、

それなりに、仕事を、頑張っていますし、
それなりに、仕事が出来ているのかもしれませんが、

よく観察して見ていくと、
仕事のできない人は、要領が悪く、何度手間もしています。

同じことを何度も確認したり、
何度も同じ無駄なことをしていたり、

スカッとジャパンのおつぼねさんが、
無駄無駄と言っていますが、

仕事ができない人は、
本当に無駄が多いです。

無駄な動き、無駄なやり方、
よく見ていると、意外と無駄だらけです。

テキパキと動いているように見せかけて、

実際は無駄にせかせか動いているだけ、

よく周りを見てみてください。
よくみると、仕事ができない人が沢山いませんか。

 

といいつつも、

 

実は、周りからは、あなたのほうが仕事が出来ない人と
思われているかもしれません。

客観的に自分を見つめなおすことも必要かもしれません。

 

要領がいい人になるには

要領のいい人は生まれつき要領が
いいわけではありません。

要領のいいひとは、
なにげなく、いつも要領が良くなる訓練をしています。

要領のいいひとは、人の行動をよく見て、
いいところをひたすら盗んでいます。

 

仕事は見て覚えろと、
言われたことはありませんか。

 

すぐに人に聞いたほうがその場は楽なのですが、
すぐに人に聞くのではなく、見て覚える。見て学ぶ。

悩んだり、考えたり、試行錯誤をしたりして、
困って悩んで自力で解決をして、人は成長していきます。

また、要領の良い人は、何とか早くやる方法はないのかと、
悩んで、試行錯誤して、編み出します。

悪く言うと、要領のいいひとは、ある意味、楽をしようとします。
楽をするといってもその場限りの楽をするために人に聞くなどはしません。
無駄な手間を省いて、要領よく楽をしようとします。

 

今後の作業を、楽にするため、会社の帰り道も会社に行くときも、
考える時間があれば、作業方法の見直しなどについて考えたりもします。

 

要領が良く、仕事ができる人は、
常に、頭から仕事のことが離れないときもあります。

それは、ただ単に、自分が楽をしたいからです。
だから、なんとか楽する方法はないかなと、考えます。

しかし、悩みが解決して、悩みがなくなったときは、

仕事は仕事、
プライベートはプライベートになります。

しかし、すぐにまた新しい悩みが出てきます。

悩みが出るたびに考えて編み出して成長します。

悩みが出るたびに考えて編み出して要領がよくなります。

もしも、今のあなたが要領の悪い人間だとしても、
訓練をすれば要領のいい人間になることは可能です。

 

要領の悪い人の特徴

一概に要領が悪い人全員とは言いませんが、

要領が悪い人の多くは、

あまり考えて悩んだりしません。

思い立ったら行動します。

とりあえず行動します。

 

なので、容量の悪い人ほど、
せかせか動いていて、忙しく働いているようには見えます。

 

そして、解らなかったらすぐに聞きます。

相手のことを考えずに思い立ったらいますぐ聞ききます。

相手が忙しかろうがタイミングが悪かろうが、
そんなことはお構いなしに今聞きたいから聞きます。

 

実際には、
本人は、お構いなしに聞いているつもりはないのでしょうが、

要領の悪い人は、周りを見る力、監視力がないので、

相手が今何をしているかわからず、

相手が忙しいのか忙しくないのか、
タイミングがいいのかタイミングが悪いのか、
まったくわかりません。気が付きません。

 

聞くことが悪いわけではありませんが、

まずは、自分で調べる。少しは自分で考える。
人の動きを観察して覚える。見て学ぶ。

解らないことがあるたびにすぐに聞いていては、
その場では困ったことなどがすぐに解決するかもしれませんが、

自分で悩んだり考えたりしなければ、自分はまったく成長しません。

悩んで、考えて、調べて、
解らないことを乗り越えるために
苦労して苦労した結果、人間は成長します。

苦労をしないで成長することなんて、
そんな甘いことはありません。

自分で考えて、自分で調べて、
勉強をすることはとても大事です。

日々勉強です。日々成長することは大事です。

 

また、要領の悪い人は、何度も同じことをしています。
確認なども何度もしています。
無駄に2度手間になることをしています。

必要な2度手間と、不必要な2度手間があります。

間違えがないように、確認することは大事です。

確認作業だとしても要領よくするようにすれば、
なにかの作業と同時に確認作業もするなどと、
考えれば、手間を省く方法はいくらでもあります。

 

それから他には、

要領の悪い人は、
スケジュール管理、納期管理、時間管理が、とても悪いです。

予定通りの時間に終わらせることもできませんし、
予定外の出来事が起きたら、パニックになります。

なぜなら、

予定外のことが起きないと思っているのか、
最初から決められた時間内で終わらないスケジュールで動くからです。

なので、

要領の悪い人は、想定外なことが起きたら対応できません。

最初から、予定外なことが起きなくても、
決められた時間に終わるスケジュール管理ができていないのだから、
予定外なことなんて起きたら、対処なんてできません。

時間内にも終わりません。納期通りに終わりません。

毎日想定外なことが何も起きないというのは、
なかなか無いと思いませんか。

何も想定外なことが起きないと思っていること自体が、
考え方が甘い証拠です。

 

要領のいい人は、

いつ予定外のことが起きても大丈夫なように、
要領のいい、ずる賢いスケジュールで管理をしています。

 

要領良くなりたいのなら、ズル賢くなりましょう。

何かあったら頭が痛くなるまで悩んで悩んで悩み通す。

 

まだまだ、要領の悪い人の特徴はあります。

 

要領の悪い人は、新しいことにも対応できません。

時代は変わります。

常に変化していきます。常に進化します。

 

常に新しいやり方、作業方法を考えていかないと、
時代に乗り遅れてしまいます。

 

今の現状でいっぱいいっぱいな要領の悪い人は、
忙しすぎて考える時間もないと嘆いている人がいますが。

 

時間などいくらでもあります。

 

会社だけで悩んでいるから時間がないのです。

 

帰り道、家で暇なとき、寝る前や、通勤時とか、
いろいろと考える時間はあります。

 

会社でだけ悩んでいるなら、
それは悩みでも何でもありません。

ただ、会社に買われた仕事時間を無駄に使っているだけです。
ある意味給料泥棒です。

 

また、悩まない人は、問題意識が欠けています。

 

何事も、今が一番最適ということはありません。

先ほども言いましたが、時代は進化します。

新しいやり方、新しい方法を、
もっともっと要領のいい方法を
編み出すことなんていくらでもできます。

 

今のやり方が一番だと思っている人は間違えています。

 

必ずもっといい方法はあります。

 

常に向上心がないと、
仕事ができない要領が悪い人間になってしまいます。




できないのに仕事ができると勘違い

一番厄介なのが、
仕事ができない要領の悪い人なのに、

自分は仕事ができると勘違いしている人です。

仕事ができると勘違いしている人は、

問題意識もなく、プライドも高いので、
間違えを指摘しても聞き入れません。

新しいやり方を教えても、
今のやり方が最適だと思い込んで、聞き入れてくれません。

 

どんなに、手助けをしても何も変わりません。

 

例えば、毎日残業をしないと
作業が終わらない人がいたとします。

その人の手伝いをして
残業をしないで帰ってもらおうとしても、

なぜか残業をしてしまいます。

その人が、
毎日2時間の残業をしてしまうとしましょう。

たとえ2時間分の仕事を代わりにやってあげたとしても、
何故か2時間の残業をします。

 

なぜでしょう。

 

意味が解りません。理解不能です。

 

その人は、

自分は仕事ができる人だと勘違いをしているから、
自分の要領オーバーの仕事量を
1日で終わるスケジュールにしているのでしょう。

 

自分の要領を理解できていないのかもしれません。

 

つまりキャパシティーオーバーですね。
キャパオーバーです。

Wikipediaでキャパシティーを調べますと、

キャパシティは、
保持、受け入れ、または取り込む能力を言う。

体積の概念に類似する。

人の能力的な許容範囲を示す。

 

能力がないことを自身で理解していないと、
悩んだり、乗り越えたり、
解決したりすることが出来ません。

 

「自分には能力がないんだ、
どうしたら能力を付けられるのだろう」

 

と、このように悩むことが、実はとても大事なことなのです。

 

悩みを乗り越えた時に、人は成長します。

 

まずは、自分を客観的に見て、

たとえ、自分が本当に仕事ができる人であったとしても、
自分は仕事ができると思いあがらないように客観的にみてみましょう。

 

楽に仕事をする方法

常に楽をすることを考えましょう。

まじめな人ほど、無意味な作業方法で、
無意味に無駄なことをしたりしています。

スカッとジャパンの無駄無駄さんは、
言い過ぎではないかと言うくらい、
「無駄無駄」と言いますが、

実際に、無駄無駄と何度も言いたくなるほど
無駄なことをしている人は実際にいます。

 

無駄なことをしている人は、
自分では気づいていないと思いますが、

 

まじめに仕事をすることはとても大事なことですが、
手を抜くことも考えてみましょう。

 

手を抜くといっても、
ダメなものを作るとか、さぼるという意味ではありません。

 

手を抜いても、手を抜かなくても、
結果的に、同じものが完成できるようにしませんか。
結果的に、同じ作業が完了できるようにしませんか。

 

楽をすることばかり考えていると、
作業中におのずと楽する方法が思い浮かびます。

 

そうして、要領が良くなっていきます。

 

人間楽していきたい生き物です。

 

楽をしようと考えたら
いくらでも楽する方法が浮かびます。

 

何度も言いますが、
楽してさぼるという意味ではありませんからね。

 

考えることがとても大事なのです。

 

何も考えずに、毎日の作業を、淡々とこなしていても、
できる人間ということではありません。

何か改善策はないか、どうしたらもっとよくなるのか。
どうしたら、もっと楽できるのか。

どうしたら、自分にかかわっている人が、
もっともっと楽に作業ができるのか考えてみましょう。

 

結果同じものができるなら、
周りの人も楽にしてあげるのはいいことではないですか。

楽ができるようにする人こそ、
仕事ができる人間なのではないでしょうか。




仕事を効率化させて面倒な仕事は簡単にしましょう。

仕事 効率化 楽をする

仕事がやりずらい。

仕事をする上で、
毎日毎日同じような作業をしているような感じがする。

 

なんか、「不効率でやりずらい」と感じたことはありませんか。

 

それは、本当に効率が悪い方法です。

 

常に、「楽できないかなー」と考えている人は日々改善案を考えています。

 

面倒臭がり屋ほど、効率よく、頭よく、仕事をしています。

毎回同じ作業をするなら、一番簡単にできる方法を考える。

そうすることにより、単純作業になり、誰でもできるようになり、
時間も短縮化、そして何より楽に何も考えず仕事ができるようになります。

 

世の中は進化して効率化される

hitsuji_hanetsuki

効率化、効率化といいますけど、
「もう、一番いい効率化ができてるんですけど」

 

と、いう人ほどまだまだというか、実際には全然できていません。

 

効率化と格好良く言っていますが、
実際には作業している人間が、

楽にできる方法を考えるだけのことです。

 

昔に比べたら、コピー機、パソコン、洗濯機、冷蔵庫、すべての家電が
会社と家庭を電化製品が効率化してくれました。

これは、人が楽できるようになりました。ということの象徴ですね。

 

仕事だって、もっと楽にしたい。

機械がたくさん生まれたことにより、
昔よりたくさんの仕事量をこなせるようになり、
昔より一人一人に多くの仕事を任されていることでしょう。

 

会社の仕事は意外とルーチン作業が多いです。

 

手を抜くのも必要なのですが、ただ手を抜いただけでは、
サボっているだけと認識されてしまいますので。

効率化を図って、手を抜きます。

例えば、現場作業でしたら、
1時間に何個作らなければいけないというノルマがあることでしょう。

作る個数も作る時間も変わらないとしても、
ちょっと楽して作る方法があったらどうですか。

 

楽しても結果が変わらないなら楽したくないですか。

 

その作業は人間でないとだめですか?
ロボットや機械でできる作業ではないですか。

などと、言ってしまいますとその作業員の仕事はロボットに取られてしまい
仕事がなくなってしまいますが、極論はそういうことです。

 

その作業は手作業でないとだめなのですか、今ある電化製品と道具を
組み合わせたりして楽できる方法があるのではないですか。

簡単に言いますと、今まで両手でやっていたことを片手でできないのですか、
もう片手は、次のための準備をすることができる。など、

ちょっとした手間を省いていけばどんどん効率化していけます。

 

要領が悪いことに気が付かない

saru_shishimai

一つの会社で、
何人もの人が無駄にまったく同じものを違う視点から作っている。

例えば、

これは資料などの話ですが、
同じような資料を何度も作るのなら、誰か一人が一つ作ればいい話です。

その一つをみんなで共有すればいいことですよね。

 

一日中同じ作業をしている現場の場合、
同じ作業を一日やればコツをつかんできますよね。

そして、やり方のコツをつかめばどんどん作業が早くなりますね。

限界は来ますが、その人なりに効率化した結果、
こうすれば、簡単にできる。こうすれば、早くできる。など、

作業をしながらも考えてちょっとずつ楽することができて、
作業効率を上げる方法が生み出されています。

 

もし道具を変えてもっと早くなるならさっそく道具を変えてみましょう。

 

効率化は人それぞれがもった才能と、経験で、作り出していけます。

 

要領が悪い人、効率化する才能がない人は、
効率化したつもりなのに、

もっと無駄な作業をしてしまう場合があります。

実際その作業をその人に教わって作業をしてみると、
「この人めっちゃめんどくさいことしてるなー」というのが、多々あります。

 

要領の悪い人は、どんなことに関しても、本当に要領が悪いです。
要領の悪い人は考えている視点が違います。

要領の悪い人ほど、自分では気が付かないので、
他の人に、助言をもらうことが本当に大事なのですが、

要領の悪い人ほどプライドが高いため、人の話を聞きいれません。

 

他の人に、要領のいい方法や、効率化を提案されても、
自分のやり方を通そうとします。

 

さらに、その人の部下にまで
自分のやり方を強制させてやらせる傾向があります。

 

そういった場合には、その人より上の上司に、
改善案、効率案を、提案してみるのもいいのかもしれません。




無駄をしないで効率を上げて楽をする

作業をしている中で、こうしたほうがもっと楽になるのではないだろうか。

 

おんなじ作業をするなら、EXCELで関数とマクロを駆使して作ったものを
活用したほうがいいのではないだろうか。

 

など、常に楽する方法を考えていきましょう。

 

頭でっかちの上司に通用しないのであれば、
自分だけでも楽な方法で楽に作業をするのもいいでしょう。

 

何度も言いますが、楽する方法は、手抜きをするわけではありません。

完成品の出来は同じでも作業工程内で楽なやりかたをするということです。

無駄なことはしない、意味のないことはしない。意味のない確認はしない。

すべての作業で、
何故このような作業をするのかを考えながら簡潔に終わらせる方法を

常に考えて、毎日同じ作業をすることにより、
効率よくやる方法が、自然と思いつくようになります。

無駄を省く、無駄な行動はしない。2度手間、3度手間はしない。
片手でできることは片手でやる。

すべては、無駄なことをしないこと。楽をすること。
効率化をするなら、これに限ります。

 

道具を使いこなせば楽できる

saru_mochitsuki (1)

作業をしていく中で、作業に必要な道具はそろえていきましょう。

作業に必要な道具を作れるのなら、
購入するより、作ったほうが、会社は喜びます。

 

最低限の人数で、仕事ができるような環境づくりをする。

 

たくさん人がいたほうが早く作業が終わるに決まっています。
ただし、まずは効率化することも先決です。無駄を省く。

使えるものはすべて活用する。

事務作業なら、EXCELはとても素晴らしい道具です。
事務作業をかなりの確率で単純化してくれます。

EXCELの関数を使いこなしましょう。
ネットで調べれば関数の使い方なんて簡単にできます。

そして、使えるなら、マクロも活用しましょう。
おんなじ作業をひたすらするなら、マクロを使えば自動化ができます。

 

使える道具は何でも使いましょう。

 

現場作業の中でも、ホームセンターや100円均一などで買える。
かなり便利なものも多く存在します。

会社が買ってくれないなら、まずは、自分で買ってみて、
実際にその道具を使って作業をしてみる。

素晴らしく改善出来て、楽ができるなら、
上司に報告をしてみんなに使ってもらう。

 

このときに、大事なことは、強制してはだめです。

 

みんながみんな、あなたが考えたやり方より、
今までの慣れているやり方のほうがいい場合もあります。

 

同じ時間で同じ数ができるなら、
強制的にあなたの考えた方法でやらせる必要はありません。

 

ただし、無駄に残業をしたり、無駄な作業をしているなら、
無駄を省くために、知恵を貸して協力をしてあげましょう。

効率化を考えている人は、
これからも、もっと効率のいい改善案が浮かぶと思います。

今が最終でなく、
もっともっと楽できる方法を常に考えて楽に作業をしましょう。




要領の良いスケジュール管理仕事術

 

会社での仕事でも、家で一人でする仕事でも、
効率よく働かないと、だらだらと時間がどんどん過ぎてしまいます。

ましては、家で一人で仕事をする場合には、
仕事をするモチベーションにもかかわってきます。

 

仕事をする上では、どのような方法のほうが効率が良いのか、
気持ちも能力も発揮するための仕事術を教えます。

 

1日の計画を事前に立てる

eto11_inu

仕事の効率を上げる方法は、夜寝る前と、朝一が肝心です。

 

寝る前でも、朝一でもどちらでも、
自分の都合のよい時間で構いませんので、

今日のおおざっぱな予定を考えます。

 

「今日は、これをして、あれをして、こんなことをすると
ちょうど8時間くらいかかる作業だな」と考えます。

 

そうこう考えているうちに、
「これには、こんな案があるからこんな感じに作業をしよう」

「あれは、こんなことを考えていたから、こんなことをしていこう」
など、頭の中で、1日8時間の予定をどんどん立てていきます。

 

そうすることによって、8時間でできる作業のスケジュールが決まって、
時間を気にしながら仕事をすることもできますし、

 

次にやることも先読みできますし、

集中力も8時間びっちり続くようになってきます。

 

休憩をしないと集中力が途切れる

eto12_inoshishi

仕事をしていくうえで、
マルチに動く、効率よく仕事をすることは大事です。

 

計画を立てて、効率よく働くことにより、

普通なら13時間働かなければ
終わらない作業だとしても、8時間で終われば、
もっと多くのことを1日でできてしまいます。

もし、1日16時間働きたいなら、効率よくすることで、

1日16時間働いただけで、
2日分32時間分の仕事ができてしまうことがあります。

 

効率よく働くには、休憩時間も必要です。

 

2時間に1回は数分の休憩を入れることで、さらに効率が上がり、
集中力も持続できます。

 

もし、休憩を全くとらずに1日中働き続けてしまうと、
最後のほうは、集中力が切れてしまいまったく効率が上がらず、
時間を無駄にしてしまうことがあります。




手間も時間もかけないで楽をする

効率よく働くには、先ほどお話しした、
前日または朝一に計画を立てることがとても大事なのですが、

 

一番効率よく仕事をする方法は常に効率よく働こうと意識をすることです。

 

詳しく言いますと、常に楽をしようとする。

手間をかけずに仕事をしようとする。

 

そいうった、楽をしようとする気持ちが、効率の良い方法を生み出します。

 

楽をするために人に仕事を任せてしまうなどという考えは、
効率化をしていくということとは話が変わってきてしまいますが、
あながち間違えてではありません。

 

楽をすることはとても大事なことです。

 

エクセルで毎日同じ作業をしているなら、
関数を使うことにより、楽ができるのではないだろうか。

 

現場作業をしているのであれば、
常に現場をきれいに整理整頓することで
楽に仕事が進むのではないだろうか。

 

梱包作業や流れ作業をしているなら、
片手でできることは片手でやってあいた片手で別のことをすれば
手間も時間もかからず楽なのではないだろうか。

 

様々な仕事の中で、楽する方法はたくさん見つかります。

 

人々は、楽をするためにモノづくりをして、開発をして、
電化製品や便利な製品を開発してきました。

どんどん自動化が進んでいます。

それによって、生活は昔に比べとても楽になってきています。

 

いい仕事をするということは、
無駄に時間をかけて仕事をするということではありません。

手間をかけずに楽をして効率よく働くことが、
たくさんの仕事が出来るいい仕事です。

 

エクセル(excel)を使って効率化

halloween_majo_cat

どんなことにも、エクセル(excel)を使ってみる。

エクセルを推奨するわけではないのですが、エクセルはとても万能です。
エクセルは1980年頃から発売され今現在も開発され続けています。

開発にかかわっている人数も数え切れないほどの人数で開発されています。

そんなエクセルなのですが、とてもシンプルなつくりなので、
誰にでも簡単に使えこなせるソフトとなっています。

簡単でシンプルなつくりのエクセルだからということで、
勘違いをして、万能ではないものだと思われてしまうかもしれませんが、

使いこなせばエクセルで大抵のことはできます。

 

家計簿も作れますし、生産予定表も作れます。
ネットショップなどの受注処理にも使えます。

どのような管理にもエクセルは使えます。

 

関数を使えば楽にすることも簡単です。
複雑なことをすることもできます。

さらに、マクロを使えば、ちょっとした自動化もできます。
たくさんのデータを入力しなければならない場合にもマクロは使えます。

モノは使い方次第です。エクセルは本当に万能なシステムです。
そこそこ複雑なシステムを作る際にもエクセルのみで作ることも可能です。




仕事で横着をする

 

仕事でどうどうと横着をしろとは言いませんが、
仕事ができる人は手を抜いてもいいところで手を抜いています。

楽をして作業の結果が同じなら、楽をしたほうが利口です。

 

手を抜いていいところと
抜いてはいけないところの区別は必要ですが、

楽する方法を考える人こそ
効率のいい仕事ができる人になります。

 

機械と道具で楽できる

世の中にある全ての道具は
人間がちょっとでも楽ができるように開発されてきました。

 

機械も同じです。

人間の力だけでは大量に作ることができないなど、
人間の力以上の働きができるよう機械が開発されました。

人間が少しでも楽ができるように機械は開発されています。

 

人は常に楽する方法を考えて生きています。

 

パソコンがない時代はすべて手書きで、
EXCELのような計算式などもないので、
毎回同じような計算などもしていました。

 

今は、同じような作業はEXCELで自動化ができるので、
だいぶ楽ができるようになりました。

 

だからと言って仕事量が減ったわけではありません。
その分他の仕事ができるようになったわけです。

 

効率を上げることによって、
今までできなかった仕事が沢山出来るようになります。

 

家事だって同じです。

家電があるおかげでだいぶ楽ができているはずです。

 

自動化と半自動化で作業量を増やす

会社で仕事をしている中で、
毎回同じ作業をすることもあります。

 

自動化できるところは自動化すれば、
あなたは、別の作業ができます。

あなたの作業量が二倍にも三倍にもなります。

 

何も考えずに仕事をしている人は、
同じ作業だとしても自動化することを考えず。

一生懸命、何時間も働いて、
要領のいい人の半分以下の作業しかできません。

 

忙しそうにしている人ほど仕事ができない人のように感じます。

 

忙しい人全員が全員、仕事ができないわけではありませんが、

楽できるところは楽をしないと
一人でできる作業量を増やすことはできません。

 

要領よく、効率よくしていくことで
仕事量を増やすことができます。

 

今のやり方が1番なんてことはありません。

 

新しい道具が開発されれば、
さらに作業の効率が上がります。

新しい機械が発売されれば、
さらに作業量を増やすことができます。

 

やり方に関しては、いろいろと今あるもので、
ちょっとした工夫をすれば、
作業が半自動化になることもありますし、

同じ時間で、2倍以上の作業量をこなすこともできるようになります。




出来ないなら出来る方法を考える

どんなことに関しても、
最初からあきらめている人は成長しません。

 

出来ないと思っていても、
実際にやってみるとできることはたくさんあります。

 

実際にやってもいないうちから
できないと決めつけるのはナンセンスです。

 

本当にできないこともあるかもしれませんが、
今までと違うやり方をすればできる事なんて沢山あります。

 

何でもすぐに出来ないと言う人は、

今までのやり方では出来ないと言っています。

 

出来ないなら出来ないなりに
やり方を変えてみればいいのではないでしょうか。

 

何でもできないと決めつける人は、
本当に仕事もできない人です。

 

仕事ができる人は出来ないことでも出来るようにします。

 

出来ないなら、考えます。

できる方法を考えます。

悩んで悩んで、乗り越えた時にさらに成長します。

 

仕事ができる人にとっては、

出来ないことを、出来るようにするということは
当たり前のように日常茶飯事です。

 

今のやり方が一番いいはず無い

忙しいからできない、
そんなことを言っている人は、一生成長しません。

 

忙しいのなら、作業方法を変える努力をしてみましょう。
今のやり方が一番なんてことは絶対にありえません。

まだまだ、策略を練ればいい方法は必ずあります。

 

忙しいのなら、
時間を作るために自動化できるところは自動化しましょう。
半自動化できるところは、半自動化にしましょう。

道具が必要なら道具を買いましょう。

 

道具を買う金額なんか、
これからその作業にかかる人件費より安いのではないですか。

 

頭を使いましょう。
たとえいま頭が良くないとしても頭を使えば頭は良くなります。

 

考えて頭を使って、
辛く苦しい時期を乗り越えて、成長していきましょう。

 

今が一番はありません。もっと上を目指していきましょう。

 

要領が良くなる方法についてもっと知りたいなら




あなたの年収はいくらですか?
日本の平均年収の400万円程度ですか、
そんなに辛い仕事をして、そんな金額で満足ですか?
今の現状から脱却したいなら、
最後にこちらの秘密のページを読んでみてください。
質問などは秘密の掲示板から質問してみてください。

 

今、話題の記事

     
  1. 仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人
    14,917 users
  2.  
  3. 残業代で稼ぐしか方法がない人必見残業代で稼ぐ
    10,363 users
  4.  
  5. 会社のbbq(バーベキュー)には絶対に行きたくない
    6,377 users
  6.  
  7. 理由もないのに憂鬱なのはなぜなにか嫌なことがあるから
    6,173 users
  8.  
  9. 会社の社長の考え方と会社で働いている従業員の考え方の違い
    4,963 users