がじれぽ

商品を売って儲けられる方法を教えますネットショップを使って賢く稼ぐ方法

今の現状から脱却したいなら、
最後にこちらの秘密のページを読んでみてください。
質問などは秘密の掲示板から質問してみてください。

この記事は約5分で読めます。

商品を売って儲けられる方法を教えますネットショップを使って賢く稼ぐ方法

商品を売って儲けられる方法を教えますネットショップを使って賢く稼ぐ方法

商品を売って儲けられる方法を教えますネットショップを使って賢く稼ぐ方法

自社商品 ネットショップ

 

自社商品販売する場合、無料ネットショップサイトで販売するのがいいのか、それとも、自社サイトで販売するほうがいいのか。

 

商品は集客力のあるサイトで売る

知名度がない店舗、又は、知名度のない商品を販売する場合は、最初にアマゾン楽天で販売したほうがいいです。

なぜかと言いますと、アマゾンや楽天などのビッグショッピングモールは、実店舗で例えると、その名の通り大型ショッピングモールです。そして、自社サイトや無料のネットショップサイトで販売する場合を、実店舗で例えると、商店街又はシャッター街の商店街で店舗を出しているのと同じです。

もちろん、お店知名度が上がれば、どのような場所で販売していても、お客さんははるばるやってくることもあるでしょう。

例えば、大型店舗でいうと、ヤマダ電機コジマ電気などは、ショッピングモールで売っても、自社店舗で売っても、お客さんは集まるでしょう。でも、ヤマダ電機やコジマ電気は、お金のかかるショッピングモールで売るより、自社店舗で売ったほうがいいでしょう。それは、店舗に知名度があり店舗名での集客力があるので、ショッピングモールに出してもあまりメリットがないからです。

ショッピングモールや、ネットショップのアマゾンや楽天の大型モールには集客力があります。それに比べて、商店街の店舗にはそこまでの集客力がありません。

それなら、わざわざ商店街に店舗を出すより、集客力のあるモールに出したほうがはるかにお客さんが見に来てくれます。

実店舗のモールの場合は、賃貸料が高いので、よほどの戦略資金力がない限り、簡単には出店することができませんが、アマゾンや楽天の場合は、出店に対しての初期費用はほとんどかからないので、敷居がすごく低いです。自社商品があるなら、必ずと言っていいほど、アマゾンや楽天には出店するべきだと思います。

そして、アマゾンや楽天で知名度が上がれば、自社店舗でも販売してもいいでしょう。

 

商品は求められているものを売る

次に、アマゾンや楽天に商品を出したからと言って、必ず売れるとは限りません。その商品を欲しいと思う人がいて、探している人が、その商品を見つけることができて、価格帯購入意欲と一致すれば、購入されます。

しかし、同じようなものを、ほかの店舗も必ずと言っていいほど取り扱っていることでしょう。そんな場合は、他店舗よりも、上位に表示されなければみられることが少ないことでしょう。さらに、他店舗よりもメリットがないと購入してくれないでしょう。

他店舗より必要なメリットとはどのようなことでしょう。それは、おんなじ商品を売っていたとしても、宣伝文句ひとつで変わってきます。

例えば、桶(おけ)を売っていたとしましょう。「桶(おけ)」と売っていたとしても、あまり購入されないでしょう。しかし、「お風呂の桶」、「食器洗い用の桶」、または、「抗菌加工 お風呂の桶」など、何に使うのか、どのようなことに使えるのか、どのようなメリットがあるのかを、最初に明確に伝えることにより、購入率が上がります。

それは、お客さんが何を求めているのかを考えて販売するからです。売る側がどう売りたいか、どんなものを売りたいのかではなく、求めている人がどんなものを求めているのかを考えて販売しなければ、自分よがりになってしまいます。それではどんなに素晴らしいのものであったとしても売れなことでしょう。




どのようなことに使えるのかを考える

ちょっと難しい説明になってきたので、簡単に説明していきましょう。

商品を開発した。もしくは、手元に商品がある。販売したい。それなら、研究して研究して、買った人はその商品を買ってどのようなメリットがあるのかを徹底的に研究していきます。

そして、研究結果があったとしても、自分の意見だけでは信頼させることができないと思うなら、専門の研究者協力してもらうなどをしましょう。そこで、費用が発生したとしても、販売する意欲があるのなら、先行投資と思って、惜しまず投資しましょう。

そして、本当に探している人がいるのかを、今一度、調べてみましょう。どんな方法でもいいです。駅前アンケートをとっても、無料配布をして必要なものなのかを聞いても、インターネットで調べてみてもいいでしょう。

ただし、インターネットで無料配布をしようとしても、そう簡単には集客できません。それは、媒体に集客力がないからです。

さらに、無料ほど怖いものはありません。昔から言います、「タダより高いものはない」と、お金を払えば、お金という対価を払って、でそれで終わりですが、タダでもらったものの場合は、何かわからない対価を払わなければならないと思うと怖いのです。たとえば、個人情報が売られてしまうかもなど、信頼度の無い、無料のものには、何が付きまとっているかわからないからです。

 

信頼されないと買われない

頼度でいえば、購入時だって一緒です。なんだかわからない会社ネットショップに、個人情報や、ましては、クレジットカード情報なんて教えたくありません。詐欺かもしれないと不安だっていだきます。

それに比べて、アマゾンや楽天で普通の価格で販売されていれば、安心して購入できます。アマゾンや楽天なら保証も付いているから安心です。それでも、1円で商品が販売されていたら、誰でも怪しいと思うでしょう。たとえ、試供品だとしてもです。住所が抜き取られるのではないかと不安になってしまいます。安ければいいというわけではないということです。

簡単に言うと、信頼される商品を信頼されるショップで販売する。そして、商品を売るのではなく、商品を買った先にある未来を売るのです。お客さんはそのもの自体が欲しいわけではなく。その商品を使った先にある未来を買っているのです。




今の現状から脱却したいなら、
最後にこちらの秘密のページを読んでみてください。
質問などは秘密の掲示板から質問してみてください。

 

今、話題の記事

     
  1. 仕事が出来る人と出来ない人の違いは要領が良い人と要領が悪い人
    23,858 users
  2.  
  3. 残業代で稼ぐしか方法がない人必見残業代で稼ぐ
    12,125 users
  4.  
  5. 仕事したくない会社が嫌いで行きたくない毎日がマジ辛いもう嫌だ辞めたい
    8,640 users
  6.  
  7. 会社のbbq(バーベキュー)には絶対に行きたくない
    7,855 users
  8.  
  9. 理由もないのに憂鬱なのはなぜなにか嫌なことがあるから
    6,597 users